メニュー

電子カルテ導入のご案内

平成25年11月、高田中央病院は電子カルテを導入しました。
電子カルテの利点としては、従来 紙に記載・保存していた「カルテ」(診療記録)が電子化され、コンピューターによって集中管理されますので、病院内のどこにいても、過去の診療記録や画像が瞬時に参照可能となります。 また、手書きによる転記ミスや手書きカルテの誤読、バーコードを利用しての患者様の確認等、医療の質、安全性も向上します。
導入にあたり、患者様へ良い医療を提供させて頂くために、どうあるべきかを基本に、全職員が多くの時間をかけて、円滑な運用開始に向けて一丸となって頑張ってまいりました。その甲斐あって、電子カルテへの全面移行が大きな混乱もなく無事に完了しました。
また、今回の電子カルテのシステムを担当いただいたJBCC(株)のシステムエンジニアの皆さんにこの場をお借りして御礼申し上げます。
尚、今後も更なる活用をすすめ、より高い患者様へのサービス向上を目指します。
今後とも宜しくお願いします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME